姫路市網干区・余部区およびたつの市御津町でお子様の学力アップや日々の学習にお悩みの皆さま、うすきアカデミーへどうぞ!確かな実績と安心の授業料でお子様をサポートいたします!

中三のGW講座

2018年5月6日 日曜日

例年通り、GW講座を行いました。修学旅行の振替を兼ね、英語は受験生としてのスキルアップを図り、中間テストで高得点が予想される数学は計算以外の応用単問形式の問題のアプローチをマスターするのが目的でした。例年と異なるのが2日あった事でした。例年、1日の振替だったのが、修学旅行で2日休講だったため2日実施しました。
英語は、入試問題を想定しヒアリング練習と長文練習でした。自分で練習することを前提とした内容で、ディクテーション(dictation)と呼ばれる書き取り練習や英語の速読練習でした。
日常の授業ではなかなかできない体験をしてもらいました。実際に体験すると判ります。
50単語/分は難しくない。100単語/分も集中すればできる。目標は300単語以下の短い文章なら150単語/分、それ以上の中長文なら100単語/分。問題は集中力。アメリカのTVドラマで天才が1時間二万語のスピードで読んでいました。1分に直すと333単語/分です。指で文字を追いかけながら集中して読んでいました。
指やペンで追いかけるように読む。スラッシュで区切りながら読む。集中して読むって そういうことなんです。
数学の応用単問形式の問題練習は、おそらく学校で習わない領域まで踏み込みました。入試レベルって言われるレベルです。また因数分解の練習も行いました。中学・高校の数学で『因数分解を閃き・思いつき』と考えている人は 思いつかなかったら解けません。数学が苦手な人の よくあるパターンです。解説すると 『そんなん 思いつかんかった。』という感想を述べます。学校の数学教師でも『思いつかんか?』『他の数字の組合せを考えろ!』 と授業で言われる方がいらっしゃいます。因数分解を思いつきと思っていると伸び悩みます。数字の組合せは作り出すもので、高校数学の因数分解は鉄則通りにアプローチをするものです。思いつきを口にする人は、高校時代の数学偏差値は おそらく58までだろうし、それ以上を実現する事は難しかったのだろう、と考えてしまいます。
素因数分解が中間テスト範囲に含まれることを前提に いくつかのパターンや そのパターンを難しくした変形問題のアプローチを解説しました。自分自身で もう一度解き直してみると良いでしょう。
P1050496P1050486P1050404P1050414P1050425P1050467