暗算と思考力。そして思考習慣


生徒たちを見ていて、最近思うこと。 『学習って 何だろう?』 脱ゆとりになり、入試や実力テストは当然ですが、定期テストも難化傾向にあります。過去問を解いていても 満点は取れない。何か一つ二つは 少し難しそうな問題が出題されています。それでも 中一は 平均点は高く 1/3くらいの人が80点以上だったりする。中二でも1/3くらいの人が70点以上だったりする。公立進学が六割~七割であるなら、その集団に入っていく必要がある。そんなジレンマを抱え悩んでいる生徒さんが少しずつ増えているような気がします。一見難しそうな問題を解く力は、きちんとした考え方を持っていなければ解けません。理科の計算問題で『えー。なにー これ。難しそう。』というような計算問題が出れば こうする。数学も 問題を読んで最初に こんなことを考える。ワークにも プリントにも 教科書にも 参考書にも 記載がないベースの考え方やハードルの越え方を授業の中で教えていますが、多くの人は どこで そういうことを学ぶのだろうか? 問題集を買ってきて問題を たくさん解けば、ワーク類を たくさん解けば・・・。 しかし ここでいう考え方は 答えに書いている解説に入る前の内容。そんな考え方に気付きながら勉強しているのだろうか?気付いていかなければ入試問題も実力テスト問題も解くのは無理だろう。わからなくなったら教えてもらう、と人は言う。だが ふと 思う時がある。考え方は 思考習慣。習慣となると 1つの問題を解説するだけでは済まなくなる。もっと根本的なモノだったりする。数年前、トップ校に通う生徒さんの数学指導をした。高校に進学したばかりの一学期中間テストの数学が悲惨な点数だったからだ。最初に思ったのが、途中式を書かない事だった。書く意識すらなかった。暗算している。メモ計算している。聞けば、中学時代に通っていた進学塾では それが普通のようで唖然とした。確かに 知っていると便利的な入試スキルは よく知っている。ベースの部分はグラグラだ。『途中式を書こう』と言うと 『なぜ』と言う。『答えが合っていれば良いのでは?』とも言う。ベースの分だの手当てが無いままでは我流。おそらく限界は すぐそこまで来ている。書く理由を説明し 習慣化するまで 二カ月かかった。7月~8月。授業とは別に 夏休みに週3回自習に来ていた。懐かしい。 進学塾では、問題を解くスピードと思考力を上げるために暗算を奨励するケースがある。問題を読んで あれこれ試行錯誤するなら 暗算力なのだろう。試行錯誤の試行を減らし、近道を進めば 問題を解くスピードは格段に上がる。 入試を終えていく生徒達が言っている。 『もっと早くから塾に行けば良かった。』 『先生が言う考え方を身につけられれば、もっと楽に問題が解ける。』 『毎回聞かされているけど、問題を読んだ時、その考え方に行かなかったことが悔しい。』 『難しそうな問題も 簡単そうに思える。』 『なんで、そう考えられるの?』『授業でいつも言っていることだぞ。』『そうなんやけどな。』・・・。 そんな言葉を途中入塾者から聞く。習慣って難しい。それは 判らなくなった時以前から始まっているように思います。

コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree