最近 多い個別授業の問い合わせ


三月になり、様々な問い合わせの電話をいただきます。三月前半に多かった問い合わせは『講師は学生講師ですか?』でした。学生講師と言っても 手塩にかけ指導してきた講師達です。今までの学生講師は、大学卒業と同時に 晴れて教師となり、即戦力として御活躍されておられます。厳しく指導し、授業を何度もチェックし、知識の拡充を求め 思考力を鍛えている人達です。

最近 多い 問い合わせは『個別指導は?』という問い合わせです。集団だと質問しにくい。判らないところを じっくりやりたい。という要望からなのでしょう。でも 一番のベストな形は 集団クラスの授業を受けて、自習で どんどん質問していく事なのだろうと思ったりします。集団塾の大部分は自習ができます。もちろん個別塾でも自習ができる塾は数多くあります。講師がついて指導を受けている時間は、せいぜい1週間に約3時間です。1日平均30分の指導学習だけで 受験が乗り切れるわけではありません。卒業していった塾生たちを見ていても、よく自習に来ていた人ほど伸びています。朝からオープンしている中で、春はまだ少ないのですが、夏になると毎日 自習に来る生徒が多く出てきます。個別って何だろう?ふと そんなことを考えると、自習に来ることと個別って何が違うのだろう?と思ったりもします。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree