第五回ファイナル前夜


明日の第5回ファイナルで、配るプリントからの抜粋です。思考力を問う入試問題。教科書には出てこない考え方という部分を教えてきたのですが・・・。数学でも見直しは計算をし直すことだと思っている。明らかに違う答えを書いても 計算したら こうなった、と平気でいる。例えば 電圧計算の結果 0.004Vとなった。あれっ?乾電池ですら1.5Vなのに低すぎる、という感覚。右下がりの直線の傾きでプラスと書いている感覚。それは違和感になるのだが・・・。そういった違和感のあるところを見直す。明日の第5回ファイナルでも 少し口煩くなりそうだ。(以下抜粋)

高校入試まで あと4日となりました。第四回ファイナルでは多くの方が見直しで高得点を引き出していました。過去の先輩達が口を揃えて言っている事は 『ファイナルより本番の方が難しかった。』でした。問題パターンも例年通りであれば、判っています。それでも入試は 幾つも『ひねり』が加わり、思考力を問う問題にしています。あと4日、きちんと詰めていってください。

<見直しのポイント>
1. 国語
答え方は正しいか? 当てはめても正しいか?一番の論説は文中で答えを探し、二番の小説は状況を描く。文法は完璧に(品詞区別・用言・助詞・助動詞)。説明文読解は、文中に答えがある。記述に『こそあど』は基本禁止。キーワードを必ず押さえる。選択問題は半分まで消去法で減らしておく。小説は状況理解。場合によっては心理を自分の言葉で考える。

2. 数学
パターンは1番のみ。作図は垂二か角二。統計もきちんと押さえる。判りにくい文章題は表で整理(連立なら基本3パターンでアレンジ)。関数は いくつかの考え方があった。図形のアプローチは?今回 何を求めるのか?長さなら相似か三平方。相似は4パターン(特にリボン)規則性は例のパターン。確率は4パターンのどれかで、あとは工夫。円には直角・相似・円周角が多く問題を作りやすい。円周角は5つの切り口。

3. 社会
記述は主語・目的語がいるのか?何が?何を?記述は必ず自分の答えを読み返そう。問題文抜きで 自分の答えだけで意味が通じるか、をチェックしよう。並び替えは時代の特定。難しい場合は勘でなく消去法で。選択問題は正解を見抜くのでなく消去法も使おう。三日間の直前学習では一番チェックしておきたい科目です。古代5天皇、中世以前は時代ごと、江戸は三大改革を中心、明治~昭和は4戦争を中心に整理。並び替えも これらの知識を軸に。地理は多岐な知識が必要だが、ポイントは押さえておこう。

4. 理科
理科記述のポイントは、主語・理科用語・対照らしくの3点の確認。単位に気を付けよう。理科計算で困ったら、とにかく単位に気をつけ比の式を作る事。直前学習は、光音、電磁、気体、化学変化、イオン、植物、生殖、地層、天気変化、天体が挙がっていた。特に、化学・イオン・天体は復習しておきたい。

5. 英語
ヒアリング中に日本語を聞きながら 最初の筆記問題は手を出していこう。ヒアリングの解答方法をきちんと押さえておくこと。答え方を間違えれば全問ミス。三単現・複数のS、時制、英問英答の代名詞。覚えたことを書けばよい、と思ったら大間違い。きちんと詰めてください。直前では、主要文法・前置詞の使い方・連語・会話表現を押さえておきたい。

入試は自分との戦いです。あきめていった人から取点力が落ちていきます。思いだけが強くてお得点が伸びる訳ではない。思いの強さは頑張る力の下支えです。あと4日。卒業式もあります。一日を大切に!
Never Put Off Till Tomorrow What You Can Do Today!


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree