テスト対策の中で・・・


昨日から本格的にテスト対策授業を展開しています。その中で昨日は中一数学と中三理科でした。比例・反比例 と 運動・仕事といった多くの学生が苦手とする範囲でした。動滑車は力半分 長さ二倍 は 皆知っている。ならば 動滑車が2個、3個・・・となれば、どう考えるか?動滑車を左右から抱える手を使っての考え方を説明しました。もともとは高校物理のつり合い式を中学流に安易にイメージしやすくするために用いていたアイデアでした。『フムフム』と納得してメモしている生徒がチラホラ。既に何回目かの説明なので、サラッと解いてしまう生徒がチラホラ。続いて中一の数学。比例・反比例で予想される問題を網羅しチェックしていく。その中で、三角形の面積となった。中学一年流の方法を説明しました。大きく取って三隅を引く、と。他にも こんな方法がある、と紹介したのが高校数学のベクトルを応用した方法でした。例年なら、紹介で終了なのですが、『えっ。先生 それなに~。』『そんなに簡単に求められるの?』『その方法使っても良いの?』と生徒が乗ってきたので、中学流にアレンジして再度説明。アドリブで数問解いて確認しました。
『ベクトルかぁ。大学入試でも苦手な人が多いのになぁ。きっと進学塾でも教えていないだろうな。』と振り返って思ってしまいました。ウチの塾では よくある一日なのですが、生徒の乗り気によって非常に高等なスキルまで紹介する時も ままあります。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree