懇談会スタート。トイレの調子は・・・。


今週の月曜日から懇談会が始まりました。今回は 中1と 中3 が、メインで 他は有志ということになっています。中学受験、高校受験、大学受験と三つの受験者が揃った夏の始まりです。中学受験では 自分自身の経験(小学時代に通った塾の経験)をベースに今のスタイルにアレンジして取り組まなければなりません。高校受験は例年通りですが、『自分で勉強していく。』ということが 何なのか、どうしていくことなのか、を より具体的に案内していく必要があります。いくら 講師が『整対をやれ。』『間違えた問題を見直ししろ。』『覚えろ。』と言ったところで、『やっても 実際の問題で生かせない。』 『見直ししても 生かせない。』 『覚えようにも覚えられない。』となりがちです。覚えるということは、トリガーが必要なのかもしれません。昔からキー(鍵)と言われていた部分です。たとえば 化学が苦手な人は 化学式、化学反応式は、 単なるアルファベットと数字の羅列のように感じるようです。区別ができていません。覚えれば良いのですが、無機質なアルファベットと数字の組み合わせと感じている人にとっては、覚えることも苦痛で芳しくない結果に終わります。講師側は 必死に理屈を説明し、『こうだから こうなる。』とやります。そんな時は、たぶん 優先度の高い三つの反応式を覚えることから始めれば良いのでしょう。一例ですが、そんなことを語る 講習をしていこうと考えています。すべては二学期以降自分で勉強できるようにするためです。

トイレの調子が悪くなりました。16日(水)に大家さんが来られ、水漏れの指摘を受けました。水曜日から検査や工事の業者さんが数社見に来てくれました。検査の結果は 貯水タンクの下部パッキンと上部パッキンの劣化でした。タンクと便器の取替をしてもらうことになりました。現在、授業が始まる30分前までは蛇口を止め、授業が終われば止めています。来週初めには交換工事が行われます。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree