18日から冬期講習開始


いよいよ冬期講習が始まりました。世間ではクリスマスムード一色ですが、塾生たちは学校へ行く代わりに塾に来ます。他塾に先駆け18日から始まりました。21日からの三連休は終日授業でした。塾の扉は8時半に開きます。三連休は8時半に来る生徒が数人。授業開始が9時半なので9時には半数以上が来ました。中三年達は塾に来れば、学校の課題を黙々とやっていました。学年問わず塾生全員に言っていることは、冬休みは短いので今週中(12/28まで)に学校の課題を終えなければならない、です。いつも冬休みは短い。さらに今年は短いのです。例年20日から開始していた冬期講習が、なぜ18日開始となったか、を考えろ。とやかましく生徒たちに言っています。今年から三年間は終業式や始業式に土日や祝日が絡みません。カリキュラムを作る上で土日で若干伸びた冬休みは当てにできないのです。その結果が18日開始です。中三年の冬期講習は『授業には覚えてから参加するように。』『新研究や整対で確認してから参加するように。』『宿題は当たり前。』『しっかり勉強できるのは、これがラストチャンス。』と連呼しています。中三は夕方まででしたが、夜10時まで残って勉強する者もいます。朝から晩まで、文字通り勉強オンリーの日々が始まりました。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree