体育大会後の二日代休


22日に姫路市内の中学校は体育大会がありました。23日が祝日で今日から二日間は二連休です。午前中から中三生が入れ替りながら自習に来ています。来ている生徒多たちは、三連休のために出した特別の課題をこなしに来ています。その姿を見ていて思うのは、『受験生だから勉強しなさい、という割には、どううして学校は三連休の課題を出さないのだろう?』という疑問です。26日から授業再開し9日には中間テストです。体育大会の練習で授業が抜けたから進めなかった、といった言葉が聞こえてきますが、あらかじめ分かっていることだから対策をしておけばよいのに、と思ってしまいます。三連休後、すんなり授業ができるように宿題を出しておく。暗記の宿題や練習の宿題を出しておけば、復讐は短めで再スタートが切れます。「宿題を出しても、どうせしてこないから。」という声も聞こえてきますが、『だから何?』と思ってしまいます。足元を見るのでなく、前を向いて、それでも出し続け進もうとしなければならないのでは?と思ってしまいます。結果的に、一学期松テストと変わらないテスト内容になりがちです。も半分が終わろうとしている。それが理解できているのか、不思議に思う日々です。

コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree