オールラウンダー


夏休みが終わるまで、あと約1週間になりました。明日は兵庫模試です。
今週に入り、新学期の準備をするように生徒に伝えています。朝学校へ行く時間に起きるのは当然、昼寝はしない。4時間~6時間の授業に耐えられる。昔から朝早く起きることは言われていますが、近年の学生達を見ていると、9月前半は夏休みモードで、威力が続いていないようです。受験生達は、ここでまた差が出てしまっています。学校全体が、夏休み気分を引きずってしまえば、全校生徒の大部分が他行に後れを取ってしまう。そんな様子が、この数年うかがえます。体育大会の練習で、差がないように思えますが、どうやら年々取り掛かりが遅れているようです。

先週と今週は各授業のピンチヒッターをすることが多いです。普段あまりやらない英語、社会、国語の授業をやっていますが、夏から参加している生徒から見ると『オールラウンダー』に見えるようです。以前からいる生徒にとっては当たり前なのでしょうが、塾の近所でご父兄の方にお会いすると、必ず、そのことに触れられます。私自身もレギュラー講師に負けないような授業をしようと臨みます。英語は大学入試で私立文系(経済学部)受験生として、特に『速読』を中心に相当演習積んでいるうえに、仕事では海上業務部勤務として一日中英語を話していました。つたない英語ですが、海外子会社のスクール講師もやりました。そのため英語を教えることに抵抗がないうえに、様々な逸話が出ていきます。社会の歴史は好きな科目ですし、地理は日本全国をバイクで回り、海外もアフリカと南北アメリカを除いてリュック片手に放浪した経験が出てきます。そのため理数系科目(大学は工学部)以外も教壇に立つことは多々あります。変わった経歴なのかもしれません。

IMG_0985
IMG_0912


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree