夏の準備


もう夏です。塾内でも夏の準備が始まりました。
学生にとっては夏休みです。高校入試、大学入試を控えた学生は天王山。
昔なら ねじり鉢巻で毎日勉強でしょうが、今はそんなスタイルではありません。
塾で朝から晩まで自習をしにくる生徒が増えてきます。学校で勉強しようにも開放していない学校が増えてきました。学校へ行く代わりに塾に朝から行く生徒が出てきます。

一学期も残すところ 数日です。結局中三年生の数学は7単元中2単元がやっと終わりそうです。中1の数学は6単元中2単元目の真ん中まで終えそうです。毎年少しづつ遅れ、塾(標準進度)との差は30日以上です。三学期は授業数が少ないので、結局皺寄せは二学期後半に出ます。内容が難しくなった頃に急にスピードが上がりわからなくなる。それまで塾に来ている生徒との理解度の差が大きく出てしまう。そんな状況になりがちです。今年の中二は標準進度に近いが、中三と中一は遅いです。去年は公立高校入試四日前で教科書を広げて説明していました。当然私立入試には間に合っていません。今年の入試戦線もどうなるのか?高度なテクニックというレベルでなく、教科書内容の範囲で『塾に行っていなければ・・・。』という生徒が増えてきています。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree