新HP完成


ようやくホームページが完成しました。コスト面見直しで変わった訳ですが、手製部分が多くなりました。製作会社さんの助言で前HPのブログを別保存したものを転記します。

東大生がやっている勉強法(2013.4.23)
書店で、よく 『東大生が教える・・・』 『東大生の・・・』という本を見かけます。買ってきて中身を拝読させていただくと、特段変わった内容でなく ありきたりの内容であることが多いです。今回は コンビニで見かけた 『こっそりやっている勉強法』 を手に取って 中身を拝読させていただきました。ノートの取り方、復習の仕方、気持ちの切り替え方、持続させていく方法、時間のつくり方といったことがテーマでした。中身は 今までにもよく言われているような内容ですが、最近の学生を見ていて、ふと この本の内容を一歩踏み込んで考えてほしい、と思いました。一昨日、昨日の授業で言っていることですが、たとえばノートの取り方を説明しているが、全て あとからノートを見直すという前提での作り方です。では、ノートって あとから見直しているのだろうか。あとから見て わかりやすいように書くのがノートです。注意事項や気を付けるべきことをメモしたり、表にまとめておいたり・・・。2日間で聞いてみると 半数の生徒はノートは取りっぱなしで、あとから見ることはない。マメに復習、その日のうちに整理する。入ってくる情報をマメに整理する。私自身は、自分の出身校高校や出身大学などの学歴を 自分から言うことは あまりありません。言えば、『どうせ 先生は・・・』と言われるだろうからです。今までにも何度も言われています。
ですが東大や京大に行く西高生たちは すべて天才ではありません。中には一人、二人の天才肌の人もいます。大部分の人が共通してやっていることは、マメな復習と整理です。『あとからノートを見る』 単純だが、コレなんです。

受験勉強(2013.4.22)
昨日は修学旅行で抜けた中学三年生の振替授業でした。今日が実力テストという学校もあり、実力テスト対策&受験勉強の取り組み方の練習になりました。数学では、いわゆる受験テクニックめいたアプローチが 幾つか登場し、英語では語法練習や英語長文の速読練習を行いました。語法は、大学入試を目指す時に よくやる穴埋めや整序の単問練習です。入試問題からピックアップした内容で、プラスアルファの知識も そこから得ていく勉強です。長文は時間を図って読んでいく内容で、ほぼ全員が読み終え 内容を把握していこうというものでした。いずれも集中してやらざるを得ないので、『疲れた』の声も ちらほら聞こえるような授業でした。高校入試に向けて 水面下で 始動し出してきています。
寒波のため、北海道では雪が降っているそうです。桜咲く中で雪が積もっているそうです。塾の方では、芝桜は満開ですが、バラは新芽が出たままです。もう少し暖かくならないと バラたちの生育が目に見えるようになってこない。暖かくなる日が楽しみです。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree