第5回ファイナル終了


第五回ファイナルの総評のブログアップが遅くなりました。内容は直前の授業で何度も言ったことです。
以下が その内容です。
『土曜日に第5回ファイナルが終了しました。
結果は国語以外は上々でした。伸び悩んでいた数学も 軒並み70点でした。もちろん上位陣は80点・90点を越えました。上位陣は80点以上を取れるが、それ以外の人達は50点・60点どまりが第4回までの状況でした。採点時に中味を見ると 取るべき問題で点を取り、ミスを減らしてきていました。入試は思考力を問う問題が多いので、40%くらいは見たこともない問題が並びます。見たこともない=判らない=ムリと諦めてしまうと数学の点数は どんなにノーミスで頑張っても50点しか取れません。見慣れた問題や解いたことのある問題も 形を変えています。必ず学んできた知識やスキルを活かせば解けるはずです。そう思い丁寧にアプローチしていくことが高得点になります。判らないと思い始め 壁を前に下を向いたら突破口は見えてきません。
理科・社会・英語も 何とか良い形になりました。
問題は最初の国語でした。今まで得点力の高かった古文・漢文・小説で失点が多く、論説問題も低得点でした。つまらないひっかけに引っ掛かり失点を重ねてしまっていました。論説問題は、根拠→結論式の文章と並行し、比較型の文章も意識しよう。論説文本文にどんどん書き込んでいく事です。例示は筆者の言いたい事から削ろう。線を引いて消去するのです。
入試では見たこともない問題が並びます。冷静さを失わず、習ったことで解けるはずです。糸口を見つけ 丁寧に迅速に解いていこう。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree