第4回ファイナル総評


塾内生徒向け通信より 第四回ファイナル総評です。 第三回まで順調に得点を伸ばしてきた人も多くいましたが、第4回は伸ばせなかっただけでなく、以前の得点に戻ってしまった印象が残りました。入試本番まで あと2週間です。日頃から受験勉強に死に物狂いで取り組んでいますか? 『そんなん やっとうわ。』 と言っている人。あなたが やっているのは 本当に受験勉強ですか?学校で渡されたプリントを せっせとやるのが受験勉強ではありません。何度も言ってきたように 勉強後に問題を解く力を付けていなければ 独りよがりの真似事です。それは勉強ではありません。入試問題を考えて解き、○×を付け、解説を読んで 『ふーん、そうかぁ』で、次の問題を解く。次々と問題を解き、何枚ものプリントをやる。同じ問題が出るなら、そういうやり方も良いでしょう。しかし入試問題はオリジナル問題です。見たこともないような問題が並びます。自分の知識とスキルをフル活用し それらを解かなければならないのです。知らない事も問われるかもしれません。それは100点を取らさないための問題であって、他の問題の精度が問われているのです。知らない事に立ち止まるのでなく、他の問題に対しスキルをフル活用し完璧に解く必要があるのです。国語のプリントを解いている姿をよく見かけます。その割に ファイナルの国語は伸びていませんよね。その勉強方法は良いのですか?小説も論説も 本文も選択肢も 書き込みが少なくきれいなんですが、それって本当に考えているのでしょうか?考えると言うことは、書き込みがあって然るべきです。入試問題が サッと考え解けるレベルである筈がない。何度言えば理解できるのですか。選択問題なら後半でキーワードをチェックし比較し考える。ならキーワードを四角で囲む筈ですよね。 数学は パターン問題が並ぶはずがない。面倒なのは当たり前。考えたと言う割には、問題用紙が綺麗なのはなぜですか?考えたなら 考えた痕跡が残る筈です。頭の中で考えているはウソ。それは天才のすることです。あなたが天才ならファイナルは満点を連発しているはずです。満点を何枚取りましたか?入試数学はファイナルの数学レベルを超える傾向にあります。ファイナルの方が易しいのですよ。解説を聞けば 誰もが解けそうだと感じます。じゃ 次は解けるのだろう、と思ったら解けない。中1から 数学に関し色々なスキルを学んできました。それを活用すれば、誰でも満点を取る事ができます。今回の4番は 二点が動く動点問題でした。通常なら二次関数。でも図2は一次関数。アレッ。解こうとした瞬間に そこまで考えましたか。で、そうか台形で、変数は上底と下底だからか、と考えれば道は見えました。一次関数なんだから、カドの頂点に来る時の座標をおさえれば 全部の問題が数分で解けてしまう。速い人なら2分もかからない。で、そうしましたか?中二の時から動点のアプローチは教えています。一次関数なら、座標をおさえて解くスキルを何度もやってきました。で なぜ そうしないのか?そうやって解くと思わなかった、が皆さんの言訳ですか?入試でパターン問題は出ない。習ったスキルを活かして解く問題が出る。だからパターン・スキルは完全に身に付けておかなければならない。2番は比較的簡単な問題でした。そして7番は規則性。同じ数ずつ増えるのは7割くらい。他の3割も既に登場していますよね。二乗に比例するパターンと逆さまをくっつけて半分にするパターン。これで全てです。で、今回は 全体は逆さまパターンで黒石が二乗パターン。てっきり経験済みだから、満点近くとる人が続出、と思っていたら・・・。 理科・社会では問題に慣れ過ぎて解き急いでいるように見えます。結果、丁寧に解けていない。しっかり問題が読めていない。象徴的なのは、地理の統計・地図問題の失点が増えている。概算で計算しているのでしょうね。割合とか単位面積あたりとか一人あたりとか。数字面を見て判断しているのではないでしょうか?それで良いのですか?選択肢は紛らわしく作っているはず。誤解して解けば間違えるようになっているはず。第1回に比べれば、ずいぶん理科社会で点は取れるようになっていますが、それでも足りない。毎日 理・社の復習をしているのでしょうね? 英語も勉強を欠かさずにやっているのでしょうね。ファイナル後の前田先生のコメントは随分優しいコメントでした。言葉を選びながら 気を遣って行ってくれていましたが、それに甘えているように見えます。大学入試を国立理系・私立文系といマルチスタイルで取り組んでいた時、英語の速読力が必要だった。で やったのが 同時通訳の練習でした。通信添削でSIMというのをやりました。時間を決め短時間で読んでいく練習。練習を積み重ねていけば半年くらいで英字新聞のナナメ読みができるようになりました。もちろん知らない単語もありますが、推測で読めてしまえます。一度言いましたが、本命の国立受験を意識し 1月は理系科目を中心に取り組みました。SIMもストップです。2月になり、私立入試が近づき、英語スキルの確認をしてみると 英文を読むスピードは格段に遅くなっていました。10カ月磨き続けた力が たった二週間のストップで 格段に錆びているのです。皆さんが持っているスキルは 10カ月磨き十分に定着させたスキルですか?そこまでやったスキルも錆びてしまうのです。それでも数日で八割くらいは取戻し入試に臨む事ができました。私立文系の英文量は半端な量ではありません。なんとか読みこなせましたが、数日間やらなければスキルが錆びてしまう怖さを思い知りました。 直前の今 すべきことは 入試問題を解き しっかりと穴を防ぐことです。ファイナル解説でやったように 周辺知識やスキル確認をしていくことです。ひたすら問題を解く事ではありません。一見同じような行動に見えても、大きく異なります。穴を防ごうとすれば、その痕跡が残る筈です。それが あるのと無いの との大きな違いです。

コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree