夏休みは あと10日で終わろうとしています。受験勉強は順調ですか?


P1050216P1050215 気になるのは確認テストで70点を割っている状態です。授業でも言いましたが、9月実力は平均60点くらいです。数学の計算は100%合わせる事ができないとまずいです。連立方程式と中三の1学期内容の計算が主でしょう。それが合わせられなければ、どこで取点をするのだろうか?確認テストで間違えた計算はやり直しましたか?本当に身に付いたかの確認で、やり直した後は三日後にもう一度チェックしたいところです。
理科・社会の知識の確認は急務です。なぜなら二学期は新しい事を学んでいかなければならないからです。復習ができるのは今ですから。冬休みにできるなら今できるはずです。理科の計算の奥の手は比でした。理科計算ができない理由は 『式は?』『どんな式?』とやっているからです。もちろん 比でアプローチするのは(3)とか(4)とかのレベルです。(1)(2)の問題は公式やパターンのアレンジです。社会の知識不足は必死で覚え拡充せざるを得ません。小学と中学は何が違うのか?それはより詳細になった。深く掘り下げた学習内容になった。ですよね。じゃあ 詳細になったのは対処方法は何?それは区別しながら覚えていくことです。違いが判る事です。その単元で こんなことを学んだという なんとなくこんな言葉が その単元の学習内容にあったと言う認識は小学の学習です。中学は詳細になったのだから、同じような事も区別できなければなりません。そしてそれに有効なのが表を使った整理です。そして表を覚える事です。こっちはこうで あっちはああなっている、と認識する事です。
英語も単語は当たり前。文法を覚え 単語を覚えたら 熟語とか言い回しや英文を覚えなければなりません。それは長文読解でもヒアリングでも必要です。ヒアリング練習をしましたよね。その時にわかったはずです。覚えていなければ スラスラと書けないんです。
やる事は山ほどあります。でも時間は限られています。そして志望校によって目標点も違います。すべき事に優先順位をつけ 一生懸命やるのみです。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree