本年度の入試コメントとファイナル効果


入試から しばらく時が経過しました。今日の昼は合格祝賀会です。
その前に、ファイナル総評と公立高校入試コメントをアップします。
第一回のファイナルでは取点力不足が顕著でした。高校入試では数学全般と国語の論説読解が難関です。それらをカバーするために理科と社会の取点力をアップしておかなければなりません。英語は時間との勝負です。これも ぶっつけ本番でクリアできるほど甘くはありません。
うすきアカデミーでは対外模試は12月末が最後です。模試は大学入試で有効活用されています。志望校に対しA判定やE判定の評価を目安に志望校を決めるためです。もちろん解けなかった問題を復習し、スキルアップも図ります。これを高校入試にあてはめ活用しようとするのが 各塾で実施している対外模試です。よく勘違いされていますが、志望校決定に有効な対外模試は本番のためのスキルアップとは異なります。
なぜ 当塾が12月の塾外模試を最後に年明け以降はファイナルに向けて準備し取り組んでいくかは 難解な高校入試で 合格できるだけの得点を取る力を身に付けるためです。年が明け学校で志望校がほぼ確定した後では、1~2回の模試で判定を把握するより複数回の本番練習と練習結果を元にした授業展開の方が有効と考えるからです。
対外模試は、結果が出るまでに一週間以上の時間がかかる。練習回数が少ない。本年度の傾向からずれる可能性が高い。三年間全般の復習ができない。欠点を補う学習をした後の結果が判らない。個人データ量が少ない。といった弱点があります。
それらを補うのが、ファイナルです。このファイナルをやるためには、対応する講師の知識量や問題を解く思考力・スキルの高さが求められます。全国の中でもハイレベルとされる兵庫県の数学を解く力は教科書内容を抑えただけでは簡単に解けません。教科書内容をおさえて解けるなら 塾に行かずに普段から満点を取り続けているはずです。
今回の入試では、2時間目の数学のハードルが高かった。1時間目の国語は厄介な論説文が読みやすい内容だったので、取り組みやすい内容でした。『国語は日本語だから勉強や練習する必要が無い』とい思われがちですが、そんなことはありません。読みながら、本文に書き込みし短時間で理解しなければなりません。数学は解いてみましたが、やはりハイレベルな問題でした。色々な事の気付いていかなければならない問題が並んでいました。別のブログで改めてコメントします。午前中、ラストの社会は歴史までは解けそうです。問題は公民。経済と労働がテーマでした。公民の後半でやることです。この公民後半は、遅れ遅れになっている学校授業では駆け足になりがちで、ファイナルを見ていても取点力不足になりがちな所です。通う中学によって差が出てしまいがちな分野で、当塾の生徒さんも2月になって ようやく力を付けた分野でした。午後の理科は、運動・イオン・天気と予想が的中しました。唯一、生物分野で植物・生殖の純に予想していた点が外れました。雲のでき方、イオン、運動はバッチリです。運動は、斜面に滑車や浮力を絡ませた問題までのレベルを考えていましたが、そこまで難しくはしなかったようです。12分約25点のヒアリングがある時間勝負の英語も比較的読みやすそうな英文でした。集中力を最後の最後まで途切らせずに取り組めば高得点が望めそうな問題でした。全体的な入試の印象は、数学が厳しく、他の四科目で点を稼ぐといった戦い方になりそうな印象でした。もちろん、数学も厳しいながらも取るべきところを取って最小限の失点に留めなければなりません。ゴルフで調子が悪くても きちんとスコアをまとめるのと同じです。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree