受験勉強を支えていて・・・


毎年 この頃になると感じることがあります。 3月は 色々な塾が チラシを出します。個別指導塾は 集団塾を否定しPRします。家庭教師センターは塾を否定しPRします。 スタンスは 手の届かないところまで対応する、といったところでしょう。 では どう対応するのか? ほとんどが ワークで教える、練習する、宿題プリントを出す、です。そして手が止まった問題や理解できなかった問題を解説する、というスタンスです。この学習方法は基本的な学習方法で、古くから やってきたことです。そう 集団塾が少人数制でやっていたことです。 さらに 文科省の方針もあり、入試問題には思考力問題が多くなっています。この奇問とも見える思考力問題は ワークに載っているような問題ではありません。そんな問題を解く力は どうやって身に付けるのだろう。日々 講師達が授業で話す『モノの考え方』の集大成です。いとも簡単に 入試レベルの問題を アプローチから解説できる講師。 そんな講師が教えていることがポイントになるように思えます。 少人数制の集団塾・個別塾・家庭教師などなど 形態は様々ですが、塾選びは 講師次第のように思えます。

コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree