入試直前=ファイナルまでカウントダウン


昨日で冬期講習が終わりました。学校が12/23に冬休みに入ってからは平均3~4時間睡眠の日々でした。
そのためもあり、今日は なんと7時間半 たっぷり寝てしまいました。この冬休み中も 受験生たちが出してくる予想問題を採点し、推薦入試の問題を採点し、作文を採点していました。ようやく目の色が変わった受験生たちの朝は早く7時には塾に来ている受験生もいました。 夜は11時頃まででした。
いよいよファイナルに入っていきます。今年度は 2月は土曜日にテスト、学年末を終えてからは日曜日にテストの予定です。合計5回のテストをやりつつ、生徒たちがミスしやすい部分を平日授業でこなしていくと言うスダイルの授業です。このファイナルに参加するために入塾してきた生徒もいました。教科書内容を終えているから できることでもあります。
このファイナルを進めていく上で感じることは『受験テクニックって あるのか?』です。昨日 質問があった問題でも ちょっとしたコツはあります。『接線』とか『接する』とか『接点』と言った言葉に対し、何を考えるかがポイントなのですが、問題作成者が 必ず 問題を解きにくくするためにすることがあります。それを知っていれば 簡単に解けてしまいます。解説を読んでも記されていないことです。当然です。解けない人が続出するように こうしました。とは明文化できませんから。 ファイナルでは そういったことも出てきます。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree