知識が蓄積していく学習を


試験前になって、慌てて覚えていませんか?
学ぶという動作は、知識・スキル・考え方を蓄積していくことです。それが入試前に塾で猛勉強する人より日頃から蓄積している人の方が遥かに有利な理由です。「わかった」で おしまいでなく、きちんと自分の脳の中にしまいこんでいく感覚です。頭の中にしまい込み、いつでも引き出せる感覚です。確認作業では、それができるかどうかです。例えば、古代5天皇を中心としたまとめ方。私が授業を担当すれば、必ず行うことです。皆さんは、同じことができますか?それが引き出すと言う感覚です。そのために覚えなければいけない。これが頭の中にしまうという感覚です。毎日、コレの繰り返しです。9科目ある訳ですから。
これを怠ると どうなるか?
それだけ脳を使えていないので、考える力や覚える力が弱くなります。練習しなければ運動できなくなるのと同じです。考える力や覚える力が弱くなれば、十代後半から顕著に差となり出てきます。頭の回転が遅いと言う結果になります。ラクなことではありませんが、きちんとしていくことは価値ある事です。

漢字を覚えたり、計算を覚えたり、今日学校で習ったことが沢山あります。これらを覚えていくことは大変なことですが、横に置いておくとロクなことがありません。どんなことか理解しておいてテスト前に集中して覚えれば良いのでは?誰もが、そう思うことでしょう。残念ながら、そう考える人は、そんなに成績が上がらないでしょう。トップクラスの高校を卒業しトップクラスの大学を卒業した方々と お会いし話す機会がありました。ほぼ全員が中学時代は当日中に大部分の学習内容を覚えてしまっていました。速い人で授業中に英単語を覚えていました。そこまで行かなくても、授業中に整理し覚えるべきことをリストアップしていました。その結果、テスト前は余裕のあるテスト対策をしていました。日頃から覚える訓練をしているから脳が錆びていないんですよね。授業でうまくまとめられている表をノートに写して当日中に覚える。国語の授業を聞きながら、ポイントを整理してみる。そんな事を毎日やっている人は、同じ能力の人でも結果は違いますよね。

IMG_1792先日塾生に渡すプリントに書いたことです。不定期ですが、勉強の仕方や意識の持ち方を塾生達に話しています。
写真は塾にあるチューリップです。今年は寒暖の差が激しい春です。開花が遅れていますが、もう少しで咲きそうです。他に塾の植物の写真の撮影しましたが、容量が大きくて掲載できません。Facebookを参考にしてください。

https://www.facebook.com/usukiad?ref


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree