合格祝賀会


IMG_1777IMG_1775IMG_1772IMG_1778IMG_1779

昨日合格祝賀会がありました。冬休みの間に冬期講習参加者のリクエストを取り、食事会となるわけですが、このブログでは 2Mまでの容量のファイルしか使えないため、全部で5枚のアップになります。他の写真も含めすべての写真はFBの方にアップします。 合格祝賀会を終え、毎年思うことは受験の戦い方です。やはり塾に通うなら中三早々から通う方が良い。よく「個別だから まだ間に合う。」と宣伝していますが、圧倒的な時間を家庭学習するする中で、悪い癖がついてしまった学習習慣は周囲が見えない学習環境では修正が大変なのかな、と思います。今年は琴丘高校が高倍率でした。ある中学の約半数の琴丘高校受験者が当塾でした。無事に全員合格しましたが、いずれも早期から受験対策に取り掛かっている塾生です。学習習慣もしっかり持ち、二月・三月は毎日のように自習に来ていました。判らないことを聞き、自習室にある受験問題集を借り、解いていました。苦手科目の対策を早期に取り掛かり、早目に覚えていっていました。近年は、夏から、二学期から、部活を引退してからと考える受験生が増えています。いつも思うのは、もっと早く始めていれば結果も違う、です。進学先をランクダウンした受験生も数人いますが、彼ら・彼女らを思えば、いつも そんな気になります。 受験が本格化してからでも大丈夫の勘違いは、悪い学習習慣を身に付けていないの条件つがあるように思えます。正しい学習習慣を身に付けるために、必要な修正部分を度外視しているように思えます。

コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree