二学期中間テスト10日前・・・


対応している3つの中学のうち2つの中学は、中間テスト約10日前になりました。体育大会も終わり、シルバーウイークも終わり、学校の方も授業進度を上げるべくエンジンをかけようとしています。しかし それに気づいている生徒は どのくらいいるのだろうか?集団クラスで授業を受けている生徒は、気付いているのだろう。受験生なのに、ようやく二次方程式の解の公式を教え始めた学校に対し、おそらく多くの集団クラス塾は、次の単元の二次関数を終えようとしているからです。公民の教科書に入ることなく終わりそうな9月を迎える中学は、3つの中学のうち2つあります。中間テストは、おそらく歴史を中心に既習全範囲となるだろう。生徒は範囲が狭くなり大喜びだが、受験期の中学三年生にとっては・・・。中1の数学は、ようやく方程式に入り、等式の性質を学校では やっている。もうすぐ10月。1年間の半分が終わろうとしている。12月は半日授業になうだろう。1月は冬休みが・成人式で、実際に授業をきちんと再開できるのは18日からだろう。2月は日数が少なく、学年末は月末。三学期は正味1ヶ月しかない。難しくなる後半ほど授業進度が速いという矛盾。何かがおかしい。何か違う。
塾の方は、対策授業。バックして復習する毎日に入りました。学校の授業と比較すると各科目1単元進んでいるためです。


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree